家族葬のメリットとデメリット

家族葬の流れについて

家族葬の流れについて 家族が亡くなると、どんな形であれ、故人を火葬し埋葬する準備を行わなければなりません。昨今人気の家族葬は火葬式のみの小さなものから親族、もしくは近親者までのもの、友人知人ほか同僚等、故人がお付き合いのあった方々を招く華やかなものまで、多種多様です。

では、一般的な家族葬の流れについて、分かりやすく説明します。まず、病院でお亡くなりになった場合ですが、生前から付き合いのある葬儀会社があれば、その葬儀会社に連絡を入れましょう。思い当たる葬儀会社がなければ、病院に相談してみるのも、一つの手段です。葬儀会社は連絡を受けたら、寝台車で迎えに行き、家族葬を施行する場所まで運び、安置します。日本の法律では亡くなった後24時間は火葬することができませんので、その間、故人を安置する場所が必要になります。ご自宅で家族葬を行う場合はご自宅へ、葬儀会社に依頼する場合は葬儀会社が所有する会館、ホール等へ向かいます。安置した後は遺族と葬儀会社スタッフによる今後の日程の相談、葬儀費用等の打ち合わせ、お通夜の準備を行います。一般的には通夜、告別式となりますが、最近は告別式のみを行い、通夜を行わない場合も少なくありません。通夜を行わない場合は葬儀会社スタッフとの相談時にその旨を伝えておきましょう。

では、告別式ですが、告別式は故人に別れを告げる儀式になります。参列者への挨拶、お礼、弔電等を披露した後、棺に眠る故人のまわりを生花で飾り、最後のお別れをします。火葬の時間に間に合うように火葬場に向かい、火葬を行います。火葬後は骨あげとなりますが、故人の骨を骨壺におさめ、式は終了です。

葬儀費用に関してですが、葬儀会社は参列者の人数に合わせたプランを用意しています。喪主となられる方はそのプランの中から最適なプランを選び、依頼することになりますが、後々トラブルへと発展しやすい項目の一つに、有料オプションがあります。家族葬はもっともシンプルなプランになるため、告別式に必要なサービス、道具等がプランに含まれていない場合が多々あります。このトラブルを未然に防ぐ方法は、最初にプランの提案を受けた際、必ず見積もりをもらい、その見積もりを一人ではなく、複数人でチェックすることです。初めての家族葬であれば、尚更です。不安な時は、人生経験豊富な親族、親しい友人に相談しましょう。相談できる人がいない場合は、複数の葬儀会社から見積もりをとることをおすすめします。

〔トピックス〕