家族葬のデメリット

メリットが多い家族葬ですが、少なからずデメリットもあります。もっとも大きなデメリットは、弔問客を限定してしまうことです。近親者のみで行う家族葬の場合、弔問客を限定してしまうことから、参列するつもりでいたのにできなかった、あの人は参列できたのになぜ参列できなかったのか等、参列できなかった方から不満が出てくる場合があります。

家族葬は十人十色であり、故人の希望によって、また遺族の希望によって弔問客の人数を制限し、返礼品や香典を辞退することも少なくありません。その遺族の意向に異議を唱えることはマナーに反する行為となる場合もありますが、故人との付き合いが深い、また、故人への想いが強い方がいる場合には、家族葬といえども、弔問客の限定には注意が必要です。

このようなデメリットを招かないためには、事前に連絡を入れて理解してもらっておくことが大切です。しかし、それでも参列を希望している場合は、参列を快く受け入れましょう。あまり無理強いしては今後の付き合いに悪影響を及ぼす恐れがあります。告別式は故人にとっては一度きりの特別なセレモニーであると言っても過言ではありません。感情的なしこりを残さないためにも連絡をしっかり行なうことは大切です。